認定NPO法人 Home Contact

日本ホルモンステーション

 
内分泌疾患に関する一般への啓蒙活動と若手研究員への研究助成に取り組む認定NPO法人
2003(平成15)年11月28日設立
2007(平成19)年11月1日認定NPO法人として認可
 
HOME
理事長挨拶
市民公開講座
若手研究者への支援
臨床医学研究塾
脂肪萎縮症候群委員会
松尾壽之賞
役員・顧問
事務局からのお知らせ
医療相談
入会・寄付申し込みについて
個人情報保護方針
事業報告・計画
リンク
お問い合わせ
 
認定NPO法人(特定非営利活動)
日本ホルモンステーション
 
     

臨床医学研究塾

     
 

CIA (Clinical Investigator Award)

 
 

 臨床医学研究塾では、若手臨床研究者の育成事業の一環として、「Clinical Investigator Award」の授与を年1回行っています。助成の対象となる主な研究テーマは、@基礎理論から臨床研究・臨床への橋渡しに関する研究、A患者・疾患の分析から原因や病態メカニズムの解明に関する研究。申請条件は、会員施設の各理事から推薦を受けた、40歳未満(毎年7月31日時点)の研究者1名です。厳正な審査の結果、2011年度の受賞者は3名、若手研究者を幅広く育てるという観点から、2013年度以降は受賞者を5名に増やしました。

 2010年1月8日に発起人会を開催しスタートした「臨床医学研究塾」は、2011年11月2日(水)に「第2回臨床医学研究塾」を京都大学医学部芝蘭会館で、第3回は2012年10月27日(土)に大阪大学医学部銀杏会館、第4回は2013年11月2日(土)メルパルク京都、第5回は2014年11月1日(土)グランフロント大阪、第6回は2015年10月31日(土)京都コンベンション、第7回は2016年10月29日(土)メルパルク大阪、第8回は2017年10月28日(土)京都大学医学部芝蘭会館、第9回は2018年10月20日(土)メルパルク大阪、第10回は2019年10月26日(土)京都大学医学部芝蘭会館で開催し、若手研究者が次のテーマを中心として研究を推進する為の研究助成金CIA(Clinical Investigator Award)をそれぞれ5名に授与しました。

  1. 基礎理論から臨床研究・臨床への橋渡しに関する研究
  2. 患者・疾患の分析から原因や病態メカニズムの解明に関する研究
 

 

第11回 臨床医学研究塾 開催

 
  2010年に「認定NPO法人日本ホルモンステーション」の若手研究者への支援活動として発足した「臨床医学研究塾」は、10年の節目を超え新体制のもと第11回「臨床医学研究塾」を10月31日(土)に京都大学医学部芝蘭会館で開催しました。
 松澤代表の開会の挨拶ののち、今回から新設された推薦奨励賞の3名の講演に引き続き、CIA(Clinical Investigator Award)受賞者下記5名の発表と受賞講演を行い、受賞者には記念の盾と研究助成が授与されました。
 
     
 
氏名 所属 論文名
馬越 洋宜 九州大学病院
内分泌代謝・糖尿病内科
Role of Aldosterone and Postassium Levels in Sparing Confirmatory Tests in Primary Aldosteronism
大野 洋一 京都大学大学院医学研究科
糖尿病・内分泌・栄養内科
Nadir Aldosterone Levels After Confirmatory Tests Are Correlated With Left Ventricular Hypertrophy in Primary Aldosteronism
佐々木 裕伸 慶應義塾大学医学部
腎臓内分泌代謝内科
Associations of birthweight and history of childhood obesity with beta cell mass in Japanese adults
林 令子 大阪大学大学院 医学研究科
内分泌・代謝内科学
Glucocorticoid Replacement Affects Serum Adiponectin Levels and HDL-C in Patients With Secondary Adrenal Insufficiency
楊 知明 京都大学大学院医学研究科
肝胆膵・移植外科
Surgery for Recurrent Hepatocellular Carcinoma:
Achieving Long-term Survival
 
 

第11回 臨床医学研究塾

 
  CIA受賞者5名には記念の盾と副賞として奨学金が松澤佑次研究塾代表と中尾一和理事長から授与された。また、7名にも研究奨励賞が授与された。  
     
  なお、特別講演としてJCRファーマ株式会社 研究本部長 薗田 啓之氏を迎え「日本発・世界初の血液脳関門通過技術を用いた希少疾患治療薬の開発」のテーマで同社が取り組んでいる興味ある研究発表を頂いた。  

 

第10回 臨床医学研究塾 開催

 
   「第10回臨床医学研究塾」を2019年10月26日(土)に京都大学医学部芝蘭会館で開催しました。10年の節目を迎える今回は、中尾理事長と松澤代表による特別講演が行われました。井村名誉顧問からの祝辞ののち、CIA (Clinical Investigator Award) 下記5名の発表と受賞講演を行い、受賞者には記念の盾と研究助成が授与された。  
     
 

受賞者一覧 (受賞当時所属)

 
 
氏名 所属 論文名
内田 雄一郎 京都大学大学院医学研究科 肝胆膵移植外科 Clinical and experimental studies of intraperitoneal lipolysis and the development of clinically relevant pancreatic fistula after pancreatic surgery.
(Br J Surg. 2019 Apr;106(5):616-625.)
山内 一郎 京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学 Incidence, features, and prognosis of immune-related adverse events involving the thyroid gland induced by nivolumab.
(PLoS One. 2019 May 14;14(5):e0216954. )
岡田 健志 大阪大学大学院医学系研究科 総合地域医療学寄附講座/循環器内科学 Particle number analysis of lipoprotein subclasses by gel permeation HPLC in patients with cholesteryl ester transfer protein deficiency.
(PLoS One. 2018 Jan 5;13(1):e0190875.)
中野 知哉 奈良県立医科大学 循環器内科学 Alteration of β-Adrenoceptor Signaling in Left Ventricle of Acute Phase Takotsubo Syndrome : a Human Study.
(Sci Rep. 2018 Aug 24;8(1):12731.)
朱 祐珍 京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学分野 Effectiveness and safety of early enteral nutrition for patients who received targeted temperature  management after out-of-hospital cardiac arrest.
(Resuscitation. 2019 Feb;135:191-196.)
 
 

第10回 臨床医学研究塾

 
     

 

第9回 臨床医学研究塾 開催

 
 

2018年10月20日(土)「第9回臨床医学研究塾」をメルパルク大阪で開催し、本会の世話人 京都大学血液・腫瘍内科学 折晃史教授と大阪医科大学 内科学 I 今川彰久教授による教育講演が行われた。
 引き続き、CIA(Clinical Investigator Award)の下記5名の発表と受賞講演を行い、受賞者には記念の盾と研究助成が授与された。

 
     
 

受賞者一覧 (受賞当時所属)

 
 
氏名 所属 論文名
田中 祥朗 東京慈恵会医科大学
内科学講座 循環器内科
Close linkage between serum uric acid and cardiac dysfunction in patients with ischemic heart disease according to covariance structure analysis.
谷口 逹典 大阪大学大学院医学系研究科
循環器内科
Liver Stiffness Reflecting Right-Sided Filling Pressure Can Predict Adverse Outcomes in Patients With Heart Failure.
細川 吉弥 大阪大学大学院医学系研究科
内分泌・代謝内科学
Insulin-producing cells derived from 'induced pluripotent stem cells' of patients with fulminant type 1 diabetes: Vulnerability to cytokine insults and increased expression of apoptosis-related genes.
森川 陽一郎 住友病院
血液内科
Protease-activated receptor-4 (PAR4) variant influences on platelet reactivity induced by PAR4-activating peptide through altered Ca2+ mobilization and ERK phosphorylation in healthy Japanese subjects.
姚 思遠 京都大学大学院医学研究科
肝胆膵移植外科分野

A High Portal Venous Pressure Gradient Increases Gut-Related Bacteremia and Consequent Early Mortality After Living Donor Liver Transplantation.

 
 

第9回 臨床医学研究塾

 
  CIA受賞者(前列5名)には記念の盾と,副賞として奨学金が松澤佑次研究塾代表と中尾一和研究塾理事長から授与された。また、今回10名にも研究奨励賞が授与された。  

 

第8回 臨床医学研究塾 開催

 
 

 「第8回 臨床医学研究塾」 を2017年10月28日(土)に京都大学医学部 芝蘭会館稲盛ホールで開催しました。
 松澤祐次代表の挨拶につづいて、国立循環器センター 細田公則部門長と京都大学 高橋良輔教授による教育講演が行なわれました。
 その後、CIA(Clinical Investigator Award)の下記5名の発表と受賞講演を行い、受賞者には記念の盾と研究助成金(30万円)が授与されました。
また、今回応募のあった10名にも「奨励賞」が授与されました。

 
     
 

受賞者一覧 (受賞当時所属)

 
 
氏名 所属 論文名
上村 麻衣子 京都大学大学院医学研究科 臨床神経学 【Brain Pathology 2017. epub ahead of print】
Pericyte-derived bone morphogenetic protein 4 underlies white matter damage after chronic hyperfusion
神ア 万智子 大阪大学大学院医学系研究科 国際循環器病学寄附講座 【Plos One. 2016 Feb 4;11(2):e0148209】

A development of nucleic chromatin measurements as a new prognostic marker for severe chronic heart failure

岸本 渉 医学研究所 北野病院 【Cancer Med. 2016 Nov;5(11):3235-3245】
Expression of Tim-1 in primary CNS lymphoma
西野 裕人 京都大学大学院医学研究科 肝胆膵・移植外科 【Ann Surg. 2017 Feb 8. Epub ahead of print】
Real-time navigation for liver surgery using projection mapping with indocyanine green fluorescence: Development of the Novel Medical Imaging Projection System.
米田 祥 大阪大学大学院医学系研究科 総合地域医療学寄附講座

【J Clin Endocrinol Metab 102:2394-2400, 2017】
「A histological study of fulminant type 1 diabetes mellitus related human cytomegalovirus reactivation」

 

 

第7回 臨床医学研究塾 開催

 
 

 「第7回 臨床医学研究塾」 を2016年10月29日(土)にメルパルク大阪で開催しました。
 松澤佑次代表の開会挨拶につづいて、大阪大学坂田泰史教授と京都大学川上浩司教授による教育講演が行われました。その後、CIA(Clinical Investigator Award)の下記5名の発表と受賞講演を行い、受賞者には記念の盾と研究助成金(30万円)が授与されました。また、今回応募のあった11名にも「奨励賞」が授与されました。

 
     
 

受賞者一覧 (受賞当時所属)

 
 
氏名 所属 論文名
石橋 知彦 国立循環器病研究センター研究所 血管生理学部 ESAM is a novel human hematopoietic stem cell marker associated with a subset of human leukemias
石山 賢一 京都大学大学院医学研究科 血液腫瘍内科学 Principal component analysis uncovers cytomegalovirus-associated NK cell activation in Ph+ leukemia patients treated with dasatinib
小泉 宏太 地域医療機能推進機構 大阪病院 Synovial mesenchymal stem cells from osteo- or rheumatoid arthritis joints exhibit good potential for cartilage repair using a scaffold-free tissue engineering approach
松井 勝 奈良県立医科大学 第1内科 Prognostic Impact of Placental Growth Factor on Mortality and Cardiovascular Events
森 栄作 京都大 学大学院医学研究科 メディカルイノベーションセンター Impaired adipogenic capacity in indused pluripotent stem cells from lipodystrophic patients with BSCL2 mutations
 
 

 
  写真は、CIA受賞者5名と研究奨励賞受賞者11名が一同に会して。  

 

第6回 臨床医学研究塾 開催

 
 

 「第6回 臨床医学研究塾」 を2015年10月31日(土)に京都コンベンションホールで開催しました。
 松澤佑次代表の開会挨拶につづいて、大阪大学の金倉 譲教授と慶應義塾大学 伊藤裕教授による教育講演が行われました。その後、CIA (Clinical Investigator Award)の受賞者5名の発表と受賞講演を行なわれました。
また、下記5名の受賞者には副賞として、各30万円の奨学金と記念の盾が授与されました。
なお、今回より理事より推薦提出のあった論文に対して「研究奨励賞」として表彰する事となりました。

 
     
 

受賞者一覧 (受賞当時所属)

 
 
第6回(2015年度)Clinical Investigator Award
2015年10月31日(土) 京都烏丸コンベンションホール8階 大ホール
施設名 申請者 氏名
京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学、大阪赤十字病院 血液内科 多田浩平
Abacavir, an anti-HIV-1 drug, targets TDP1-deficient adult T cell leukemia
(Science Advances, 2015, 1(3): e1400203)
大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学 市掘泰裕
Optical coherence tomography and intravascular ultrasound evaluation of cardiac allograft vasculopathy with and without intimal neovascularization
(Eur Heart J Cardiovasc Imaging. 2015)
名古屋大学大学院医学系研究科 循環器内科学 鈴木進
Impact of Albuminuria on the Incidence of Periprocedural Myocardial Injury in Patients Undergoing Elective Coronary Stent Implantation
(Am J Cardiol. 2014, 114(1): 42-6)
京都大学大学院医学研究科 肝胆膵・移植外科学 濱口雄平
Impact of Quality as Well as Quantity of Skeletal Muscle on Outcomes After Liver Transplantation
(Liver Transpl. 2014, 20(11): 1413-9.)
大阪大学大学院医学系研究科 整形外科学 蛯名耕介
Comparison of the effect of 18-month daily teriparatide administration on patients with rheumatoid arthritis and postmenopausal osteoporosis patients
(Osteoporos Int. 2014, 25(12): 2755-65.)
 

 

第5回 臨床医学研究塾 開催

 
 

 「第5回臨床医学研究塾」を2013年11月2日(土)にメルパルク京都の6階会議場で開催しました。
 松澤佑次代表の開会挨拶につづいて、大阪医科大学の花房俊昭教授と東京慈恵会医科大学の吉村道博主任教授による教育講演。後半は、CIA (Clinical Investigator Award)の受賞者5名の発表と受賞講演を行ないました。下記5名の受賞者には副賞として、各30万円の奨学金と記念の盾が松澤臨床医学研究塾代表中尾理事長から授与されました。

 
     
 

受賞者一覧 (受賞当時所属)

 
 
第5回(2014年度)Clinical Investigator Award
2014年11月1日(土) グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
カンファレンスルーム 8階 Room C01,02
施設名 申請者 氏名
大阪大学大学院医学系研究科  循環器内科学 増田大作
Correlation of fasting serum apolipoprotein B-48 with coronary artery disease prevalence.
(Eur J Clin Invest. 2012, 42(9):992-9.)
京都大学大学院医学研究科 腎臓内科学 繻エ孝成
Predictive significance of kidney myeloid-related protein 8 expression in patients with obesity- or type 2 diabetes-associated kidney diseases.
(PLoS One. 2014, 9(2):e88942)
大阪大学大学院医学系研究科 内分泌・代謝内科学 玉田大介
Hyperthyroidism due to thyroid-stimulating hormone secretion after surgery for Cushing's syndrome: a novel cause of the syndrome of inappropriate secretion of thyroid-stimulating hormone. (J Clin Endocrinol Metab. 2013, 98(7):2656-62)
慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科 林香
KLF4-dependent epigenetic remodeling modulates podocyte phenotypes and attenuates proteinuria.
(J Clin Invest. 2014, 124(6):2523-37)
京都大学大学院医学研究科 内科学講座  血液・腫瘍内科学 新井康之
Serum neutrophil extracellular trap levels predict thrombotic microangiopathy after allogeneic stem cell transplantation.
(Biol Blood Marrow Transplant. 2013, 19(12):1683-9)
 
 

臨床医学研究塾記録集「臨床医学研究のすすめ」を平成24年6月から毎年発行している。

 
  詳細は、下記リンク先をご覧下さい。

 
     
     
ページトップ
 
 
npo-hsj@nifty.com